根岸村便り

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
2006ワールドカップ回顧1
 気が済むまで回顧しよう。1回で終わるかもわからんがね。

 まず決勝。どちらも守備的なチームだが見ていて楽しい守備というものもあるので、意外に楽しめた試合だった。カンナバロ・テュラムの両CBとマケレレヴィエラ・ガットゥーゾの両汗かきがいるだけで楽しい。そいつらをもっともっと崩してほしかったっていうのはあるけど、それはクラブチームじゃなきゃ無理だろうね。後半途中からは眠い試合になったりもしたけど、決勝にしては楽しめた。前半のPKのおかげでしょう。


 さて個人的ベストイレブンを挙げてみる。

      クローゼ   
クリスチャーノ   
           リベリ
      ジダン

   ヴィエラ   ピルロ

グロッソ           ミゲル
    カンナバロ テュラム 

       ブッフォン

 今大会の世界的ブレイク野郎は2人のサイドバックとリベリでしょう。グロッソはインテル決定らしいですし、他の連中も高い値がつきそうだ。
 MVPはカンナバーロかテュラムかね。ジダンは頭突きしようがしまいがMVPではない。

 次回は各国を振り返ると思われ。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。